当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでデスクトップアイコンの間隔を設定する方法

デスクトップ Windows

Windows 11やWindows 10のデスクトップには、ユーザーが任意のアイコンを配置できるようになっています。配置は自由ですが[アイコンを等間隔に整列]させている場合、その間隔は一定に保たれますが、これを変更することができます。

アイコンを等間隔に整列させるには?

デスクトップに表示されるアイコンは、デフォルトで[アイコンを等間隔に整列]するようになっていますが、これは設定によって任意の配置に変えることも可能です。

デスクトップの何もない所を右クリックし、メニューより[表示]>[アイコンを等間隔に整列]を選択するとオン/オフが切り替わります。これがオンの場合、アイコンは縦横に等間隔で整列するようになります。

この間隔はレジストリに記録されており、これを変更することで好みの間隔へ変更することができます。

アイコン同士の間隔を変更するやり方

レジストリの操作は、ある程度の[知識]や[経験]が必要なので注意してください。また、事前にバックアップをオススメします。
  1. レジストリエディターより以下の場所を開きます。
    コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics
    

    Windows 10→レジストリエディタ

  2. WindowMetricsの右ペインより[IconSpacing]および[IconVerticalSpacing]の値を変更します。
    [IconSpacing]がの間隔、[IconVerticalSpacing]がの間隔です。[-]以降の値を大きくすると幅が広がります(-1500 → -1800など)。
    元に戻す場合を考え、デフォルト値を忘れないよう注意してください。

    Windows 10→レジストリエディタ→WindowMetrics

アイコン同士の間隔を変更するやり方は以上です。

変更した内容を反映させるには、[サインアウト]するか[再起動]をします。

Windowsからサインアウトする方法【まとめ】
Windows 11やWindows 10を使い終わったら「電源を切る」と言う人も少なくないかもしれませんが、複数で共有しているパソコンなどで次に使う予定があるならば【サインアウト(ログアウト)】しておけば、いちいち「電源を入れる」と言う操...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。