Windowsでクリップボードに複数の項目を保存する方法

デスクトップ Windows

過去のWindowsでは[クリップボード]に保存できるのは1つだけでしたが、Windows 11やWindows 10では【クリップボードの履歴】が使えるようになっており、複数の項目を保存できるようになっています。

クリップボードとは?

任意のデータに対してコピー切り取りなどの操作をした上で、別の場所に張り付け(ペースト)ることをコピペ(コピー&ペースト)などと呼びますが、この際に利用される一時的な保存領域をクリップボードと呼びます。

Windowsでは古くから利用することのできた機能ですが、コピー(切り取り)した内容は1つしか保持されず、繰り返してコピーなどをすると最後の操作で上書きされてしまうことになります。

このため、複数の項目を保持することのできるソフトウェア(アプリケーション)などが登場していましたが、Windows 11やWindows 10では標準機能として複数の項目を保持できるようになりました。これをクリップボードの履歴と呼びます。

クリップボードの履歴を設定する手順

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. Windowsより【設定】を開きます。
    Windowsで「設定」「コントロールパネル」を開く方法
    WindowsOSの設定を変更する場合、古くは[コントロールパネル]から操作を行っていましたが、Windows10やWindows11などでは[設定]から操作を行うようになっています。ただ、まだまだ[コントロールパネル]からしかできない場合...
  2. 設定の[システム]>[クリップボード]より【クリップボードの履歴】のオン/オフを切り替えます。
    Windows 11→設定→システム→クリップボード

クリップボードの履歴を設定するやり方は以上です。

履歴の使いかた

  1. キーボードより(Windows)+Vキーを押すと[クリップボードの履歴]がウィンドウで表示されるので選択します。
    Windows 11→クリップボードの履歴

クリップボードの履歴の使いかたは以上です。

複数の項目をクリップボードに保存するには複数選択する手段もありますが、複数選択が難しい項目ではクリップボード履歴が便利でしょう。