PR

WindowsでUSBデバイスなどの自動再生を設定する方法

デスクトップ Windows

パソコンへUSBメモリーなどを接続した際には「エクスプローラーを起動する」と言ったことが自動的に行われますが、どのような挙動をするかは予め設定しておく事ができます。また、自動再生しないよう無効にすることも可能です。

自動再生とは?

Windowsを搭載したパソコンでは、古くからUSBメモリーなどのデバイスを接続すると「自動的にエクスプローラーが起動する」ようになっており、このような挙動を自動再生と呼んでいます。

この自動再生は、歴代のWindowsシリーズに古くから搭載されている機能の1つですが、接続するデバイスによっては「自動再生は不要」と感じることもあります。

そのため、自動再生を無効にしたり、デバイスごとに挙動を設定しておくことができます。

自動再生を設定する手順

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. Windowsより【設定】>【Bluetoothとデバイス】>【自動再生】を開きます。
    Windows 10では【設定】>【デバイス】>【自動再生】を開きます。
    Windowsで「設定」「コントロールパネル」を開く方法
    Windows OSの設定を変更する場合、古くは[コントロールパネル]から操作を行っていましたが、Windows 10やWindows 11などでは[設定]から操作を行うようになっています。ただ、まだまだ[コントロールパネル]からしかできな...
  2. 自動再生より【オン/オフ】または【(デバイスごとの挙動)】を変更します。
    Windows 11→設定→Bluetoothとデバイス→自動再生

自動再生を設定するやり方は以上です。

自動再生機能は時と場合によって「便利だ」と感じたり「不便だ」と感じる傾向にあります。そのため、臨機応変に変更ができるように覚えておくと良いでしょう。