当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Apple Watchでワークアウトアプリを使う方法

Apple Watch Apple Watch

Apple Watchは心拍センサーなどが搭載されていることから[ランニング]などのスポーツ時に活用することができます。[ワークアウト]アプリもプリインストールされているので、すぐに使うことができるでしょう。

ワークアウトアプリとは?

[ランニング]や[ウォーキング]はもちろん[ヨガ]や[ピラティス]と言った運動に合わせて測定が行われます。

ワークアウト中に測定される内容は画面にリアルタイムで表示され、表示する項目をカスタマイズすることも可能です。

ワークアウト結果はiPhoneに同期され見直すことができます。

ワークアウトするやり方

  1. すべてのアプリより【ワークアウト】を選択します。
    Apple Watch→App表示

  2. ワークアウトより【(対象ワークアウト)】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

  3. カウントダウン後にワークアウトが開始されます(表示の見方)。
    Apple Watch→ワークアウト

  4. 終了するには画面をからへスワイプします。
    Apple Watch→ワークアウト

  5. メニューより【終了】を選択するとワークアウトが停止します。
    Apple Watch→ワークアウト

ワークアウトするやり方は以上です。

ワークアウト画面の見方

ワークアウト中の画面は種類によって異なり、例えばランニングであればデフォルトで[継続時間][心拍数][ローリングペース][平均ペース][距離]の5項目が表示されます。

継続時間は[分:秒:ミリ秒]で表示、心拍数距離はリアルタイムに計測されます。ローリングペースは過去1キロメートルのペース、平均ペースは全体のペースを表します。

「画面を上下にスワイプする」か「Digital Crownを回す」ことで表示する内容を変更することができますが、デフォルトからカスタマイズすることも可能です。

Apple Watch→ワークアウト

結果を確認するやり方

  1. iPhoneの[フィットネス]アプリより【ワークアウト】を選択します。
    iPhoneアプリ→フィットネス

  2. ワークアウトを確認できます。
    iPhoneアプリ→フィットネス→ワークアウト

ワークアウト結果を確認するやり方は以上です。

表示項目をカスタマイズするやり方

  1. ワークアウトの[(対象ワークアウト)]より【三点リーダー)】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

  2. 対象ワークアウトより【】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

  3. 編集より【ワークアウトを表示】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

  4. ワークアウトを表示より【表示を編集】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

  5. ワークアウトを表示より【】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

  6. 編集したら【完了】を選択します。
    Apple Watch→ワークアウト

表示項目をカスタマイズするやり方は以上です。

ワークアウト中に操作するのは危険なので、開始前にカスタマイズしたほうが良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。