Apple Watchをバックアップする方法

Apple Watch Apple Watch

Apple WatchはペアリングしたiPhoneが近くにある限り自動的に行われるので意識する必要はありませんが、手動でバックアップする手段が無いわけではありません。

バックアップと復元

Apple Watchのバックアップは自動であり、ペアリングしたiPhoneが近くにあればユーザーが意識する必要はありません。

バックアップデータはiPhone本体に保存されているため、iPhone本体のバックアップをしておけばデータが失われる可能性は低くなります。

復元はApple Watchをペアリングする際に「復元するか否か」を選択することができます。注意点として「iPhoneとApple Watchを同時に機種変更した」と言う場合には、iPhoneから先に初期設定(データのコピー)を行うとスムーズでしょう。

手動でバックアップするには?

自動でバックアップされる以外のタイミングとしては、ペアリングしたiPhoneの「ペアリングを解除する」と言う操作を行うと、その時点の最新バックアップがiPhoneの本体に保存されます。

ただし、ペアリングを解除するとApple Watchの初期化(リセット)が行われてしまうので、任意のタイミングで実行するのには向かないでしょう。

不具合の切り分けのために「Apple Watch本体を初期化したい」と言う場合には、その時点の最新バックアップが保存されるので便利でしょう。

Apple Watchを初期化する方法
機種変更などによって使わなくなったApple Watchを売却したり譲渡したり、はたまた廃棄することもあるでしょう。そんな時は、個人データを残さないようペアリングを解除し初期化を行っておきましょう。