当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Instagramのデータ通信量を減らす方法

SNS ネットワーク

画像や動画がメインのInstagramはデータ通信量が多くなりがちなアプリの1つです。少しでも節約したい場合には【データ節約モード(モバイルデータを節約)】の機能を使うと良いかもしれません。

データ節約モードとは?

データ節約モードはデータ通信量を抑えるための機能であり、オンにすることで「事前の動画読み込みがオフになる」などの挙動になります。

画像や動画がメインのSNSであるためか、「画像を低画質にする」などの処理がが行われることは無いようです。

このため、オン/オフを切り替えても大きくは影響しないかもしれません。

モバイルデータを節約するやり方

Androidアプリを例とします。iPhoneアプリなど他の環境では文言などが異なる場合があります。
  1. Instagramの[(自分のアカウント)]より【 サイドメニュー)】をタップします。
    Androidアプリ→Instagram→アカウント

  2. 設定とプライバシーより【データ利用とメディア品質】をタップします。
    Androidアプリ→Instagram→アカウント→設定とプライバシー

  3. モバイルデータ設定より【データ節約モード(モバイルデータを節約)】のオン/オフを切り替えます。
    アップロードする場合には【最高画質でアップロード】のオン/オフを切り替えます。

    Androidアプリ→Instagram→アカウント→設定とプライバシー→モバイルデータ設定

モバイルデータを節約するやり方は以上です。

X(Twitter)のデータ通信量を減らす方法
X(Twitter)のツイートには[文章]に加え[写真(画像)]や[動画]を含めることができるので、いくつものツイートを表示させるとデータ通信量が多くなる場合があるので、[データセーバー]と呼ばれる機能が搭載されています。
Facebookのデータ通信量を減らす方法
Facebookには[文章]に加え[写真(画像)]や[動画]を含めることができるので、少しでも節約したい場合には【データ節約モード】の機能を使うと良いかもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。