当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Macでハッシュ値を表示させる方法

MacBook Mac

インターネット上から大きなファイルをダウンロードする際、[改ざん]や[破損]が無いことを確認するために【ハッシュ値】を用いることがあります。Macでは、ターミナルからコマンドで表示させることができます。

ハッシュ値とは?

任意のファイルから算出される【文字列】のことを指します。

このハッシュ値はファイルごとに算出される結果が異なるので、ファイルを転送する際にそのファイルが破損していないことや改ざんされていないことを確認するために用いることができます。

確認するためには、ファイルのダウンロード時に公開されたハッシュ値を記録しておき、ダウンロードしたファイルのハッシュ値を自前で算出して合致しているかをチェックします。

ハッシュ値を出力するやり方

ターミナルで以下のコマンドを実行すると、各ハッシュ値を表示させることができます。

# md5
md5 (ファイル名)

# SHA1
shasum -a 1 (ファイル名)

# SHA256(512なども可)
shasum -a 256 (ファイル名)

例えば、[test.txt]の[MD5ハッシュ値]を調べたい場合には以下のコマンドを実行します。

md5 ./test.txt

シェルスクリプトで実行するには?

比較的に簡単なコマンドですが、頻繁に使うようであればシェルスクリプトを作成しておくと便利かもしれません。

#!/bin/sh

# md5
md5 $1

# SHA1
shasum -a 1 $1

# SHA256(512なども可)
shasum -a 256 $1

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。