当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Macでフルスクリーン表示を切り替える方法

MacBook Mac

Macで起動できるアプリ(ソフトウェア)の中には、メニューバーやDockなどが非表示になる[フルスクリーン]で画面に表示されることがありますが、「フルスクリーンにする」「フルスクリーンを解除する」は手動で切り替えることができます。

フルスクリーンとは?

Macでは、Finderのようなウィンドウで表示されるのが一般的ですが、中にはウィンドウでは無く画面全体に広がって表示されるようなアプリ(ソフトウェア)があり、これをフルスクリーンと呼びます。

このフルスクリーンは、ウィンドウの上部に表示されるメニューバーや画面下に表示されているDockなどが非表示となる場合が多く、任意に終了させるのに戸惑うこともあるでしょう。

また、ウィンドウで表示されていてもフルスクリーンで表示できる場合があります。

フルスクリーンにするやり方

  1. ウィンドウの左上にある[(緑のボタン)]にマウスカーソルを合わせます。
    Mac→Finder→Download

  2. メニューより【フルスクリーンにする】を選択します。
    Mac→Finder→緑のボタン→メニュー

フルスクリーンにするやり方は以上です。

フルスクリーンを解除するやり方

ショートカットキーを押下する

キーボードよりEscキーを押下します。

ソフトウェアキーボード

メニューバーを表示する

アプリ(ソフトウェア)によっては、マウスカーソルを上端へ移動させることで[メニューバー]などが表示される場合があるので、通常のソフトウェアと同様に終了させることができます。

Mac→Finder→緑のボタン→メニュー

どうしても終了できない場合には、Macを再起動させるなりすれば終了できるので慌てずに操作するようにしましょう。

Mac
anykey

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。