当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneの写真アプリをiCloudに同期する方法

iPhone iPhone

iPhoneの写真アプリに保存されている[写真(画像)]や[ビデオ(動画)]をiCloudへ同期する場合、オリジナルのデータを「iPhoneとiCloudに保存する」か「iCloudのみに保存する」かを選択することができます。

iCloudと内部ストレージ

iPhoneなどのiOSデバイスでは、内部ストレージ内に保存された[写真(画像)]や[ビデオ(動画)]を自動的にiCloudへ同期する機能があります。

この機能には、内部ストレージの容量を節約する為に「オリジナル(元のデータ)をiCloudに保存し、デバイス内にはプレビュー用のデータのみを保存する」よう設定することができます。

この場合、デバイスで[写真]や[ビデオ]を見るためには「オリジナルデータをiCloudよりダウンロードする」ことが必要なので、「内部ストレージを増やしたい(iPhoneのストレージを最適化)」か「データ通信量を減らしたい(オリジナルをダウンロード)」かを考えて選択すると良いでしょう。

オリジナルを保存するか設定するやり方

  1. iPhoneより【設定】>【(自分の名前)】>【iCloud】を開きます。
    iPhoneのデータをiCloudに同期する方法
    iPhoneでは[iCloud]と呼ばれるクラウドサービスを利用することができ、[連絡先]や[カレンダー]などのデータを自動的にアップロードして同期することができます。また、項目ごとにオン/オフは切り替えることができるので、取捨選択すると良...
  2. iCloudの[ICLOUDを使用しているアプリ]より【写真】をタップします。
    iPhone→設定→Apple ID→iCloud

  3. 写真より【このiPhoneを同期】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→Apple ID→iCloud→写真

  4. オンの場合、【iPhoneのストレージを最適化】【オリジナルをダウンロード】を選択します。
    【iPhoneのストレージを最適化】を選択するとオリジナル(元の画像)はiCloudのみに保存されるので内部ストレージの節約になりますが、デバイスから閲覧する度にダウンロードが行われます。

    iPhone→設定→Apple ID→iCloud→写真

オリジナルを保存するか設定するやり方は以上です。

iPhoneの内部ストレージが「写真アプリのデータで一杯」と言う場合には【iPhoneのストレージを最適化】を選ぶと良いでしょう(ただし、閲覧する度にデータ通信が発生します)。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。