当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで圧縮ファイルを操作する方法

iPhone iPhone

iOS 13を搭載したiPhoneシリーズでは、ファイルアプリにおいてファイルの圧縮(ZIPなど)・展開(解凍)をすることができるようになりました。

圧縮ファイルを展開するやり方

  1. ファイルアプリより【(対象の圧縮ファイル)】をタップします。
    上手く展開(解凍)できない場合は、ロングタップして表示されるメニューより【伸張】をタップします。

    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ダウンロード

  2. 展開(解凍)されます。
    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ダウンロード

圧縮ファイルを展開するやり方は以上です。

ファイルを圧縮するやり方

  1. ファイルアプリより【(対象のファイル・フォルダ)】をロングタップします。
    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ダウンロード

  2. 表示されたメニューより【圧縮】を選択します。
    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ファイル→メニュー

ファイルを圧縮するやり方は以上です。

圧縮ファイルを扱う機会は少ないかもしれませんが、メールに添付されたファイルなどは圧縮されていることが多いので、使う機会があるかもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。