当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneの生体認証を一時的に無効にする方法

iPhone iPhone

iPhoneでは、ロック画面を[パスコード]などの他に[指紋認証(Touch ID)][顔認証(Face ID)]などの生体認証によって解除しますが、任意のタイミングで「一時的に生体認証を無効にする」と言うことができます。

パスコードが要求されるとき

「再起動した」「一定期間に指紋や顔認証のみで解除した」「一定期間に一度もロック解除しなかった」と言った場合、[指紋認証(Touch ID)]や[顔認証(Face ID)]などの生体認証が無効になることがあります。

生体認証が無効になると[パスコード]が要求されるようになりますが、一度でも[パスコード]でロック解除を行えば、また生体認証が使えるようになります。これは[生体認証]が[パスコード]と比較して「セキュリティレベルが低い」とされていることが理由です。

この状態へ意図的に移行することで、任意のタイミングで「生体認証を一時的に無効にする」と言うことができます。

任意のタイミングで生体認証を無効にするやり方

  1. iPhone本体を操作し【電源オフスライダ】を表示します。
    ホームボタンがある機種は「サイドボタンを長押し」、ない機種は「片方の音量調節ボタンとサイドボタンを長押し」します。

    イラスト→iPhone X

  2. 電源オフスライダより【キャンセル】を選択します。
    iPhone→電源オフスライダ

  3. 生体認証が無効になり【パスコード】が要求されるようになります。
    iPhone→パスコード

任意のタイミングで生体認証を無効にするやり方は以上です。

「寝ているときに指紋認証で意図せずにロック解除されたくない」「スマートフォンを人に預ける」と言った場合、ロックダウンしておくとリスクを下げることができるかもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。