当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのファイルアプリでiCloud Driveにアクセスする方法

iPhone iPhone

これまで専用アプリなどによってアクセスしてきたiCloud Driveですが、iOS11では新しく追加された “ファイル” アプリからアクセスすることができます。

ファイルアプリとは?

アプリ “ファイル” は、iOS11によって新しく追加されたアプリです。主に “iCloud Drive” にアクセスするために使うことが多いですが、Googleの “Googleドライブ” を始めMicrosoftの “One Drive” など、他社のクラウドサービスへもアクセスすることができます。

このファイルアプリを使ってiCloud Driveなどのクラウドサービスにアクセスすると、他のデバイスからアップロードされたファイルにiPHone/iPadからアクセスすることができるようになります。

参考 パソコンからブラウザ経由でiCloud Driveにアクセスする方法

iCloud Driveにアクセスする手順

  1. ファイルアプリの[ブラウズ]より【iCloud Drive】をタップします。
    場所の一覧が表示されていない場合、もう一度【ブラウズ】をタップするか[<ブラウズ]をタップします。

    iPhone→ファイル

  2. [iCloud Drive]より保存されているファイル/フォルダが表示されます。
    iPhone→ファイル→iCloud Drive

  3. 必要に応じて操作します。
    iPhoneでストレージを操作するファイルアプリ
    iPhoneで[内部ストレージ]や[外部ストレージ(microSDカード/USBメモリなど)]に保存されたファイルは、iPhone本体から操作(作成・削除・移動/コピーなど)することができます。

ファイルアプリからiCloud Driveにアクセスするやり方は以上です。

iCloud Driveに保存されているファイルは、他のアプリへ引き渡して使うことも可能です。