当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで撮影する写真/動画を他のデバイスで扱えるフォーマットで保存する方法

iPhone iPhone

iPhoneで撮影された写真(画像)や動画(ビデオ)はWindowsなどのパソコンでは再生できない場合がありますが、これは設定よりカメラの[フォーマット]を変更することで表示/再生できるようにすることができます。

撮影した写真/動画が表示/再生できない?

iPhoneのカメラでデフォルト設定のまま写真(画像)や動画を撮影するとHEIFHEVCと呼ばれる高効率なフォーマットで保存されます。

このHEIF/HEVCは比較的に新しいフォーマットであるためか、Windows 10などに搭載された標準のプレイヤーでは対応しておらず「画像/映像が表示されない」「音声は流れるものの映像が表示されない」と言う現象が発生する場合があります。

このため、iPhoneでは設定によってフォーマットを変更できるようになっており、互換性のあるフォーマットへ変更すればWindows 10でも無加工で[写真(画像)]を始め[音声]及び[映像]を視聴することができるようになります。

WindowsでiPhoneの「HEIF画像」を表示する方法
iPhoneなどで撮影された写真(画像)は[HEIF]と呼ばれるフォーマット(.heic)によって保存されていることがありますが、このHEIF画像は標準ではWindows 10などで表示することができないため、Microsoftからメディア...
iPhoneで撮影されたHEVC動画をWindowsパソコンで再生する方法
iPhoneなどで撮影された動画は “HEVC” と呼ばれるフォーマットによって保存されていることがありますが、このHEVC動画は標準ではWindows 10で再生することができないため、Microsoftからメディア拡張パッケージ(HEV...

フォーマットを変更するやり方

  1. iPhoneより【設定】>【カメラ】を開きます。
    iPhoneでカメラを使う方法
    iPhoneではApp Storeからカメラアプリをダウンロード&インストールすることができますが、今回はプリインストールされている【カメラ】アプリを例にします。
  2. カメラより【フォーマット】をタップします。

    iPhone→設定→カメラ

  3. フォーマットより【互換性優先】を選択します。
    【高効率】を選択するとHEIF/HEVCなどで保存され、【互換性優先】を選択するとJPEG/H.264などで保存されます。また、“4K/60 fps]や[1080p/240 fps]で撮影するには【高効率】を選択する必要があります。

    iPhone→設定→カメラ→フォーマット

フォーマットを変更するやり方は以上です。

この設定は「これから撮影する写真(画像)や動画」に対して有効であり「これまでに撮影された写真や動画」のフォーマットが変更されるわけではありません。

このため、既にHEIF/HEVCで撮影済みの動画をWindows 10などで再生するためには「対応するプレイヤーをインストールする」か「HEIF/HEVCフォーマットに対応する」「動画のフォーマットを変更する」などの操作が必要になります。

WindowsでiPhoneの「HEIF画像」を表示する方法
iPhoneなどで撮影された写真(画像)は[HEIF]と呼ばれるフォーマット(.heic)によって保存されていることがありますが、このHEIF画像は標準ではWindows 10などで表示することができないため、Microsoftからメディア...
iPhoneで撮影されたHEVC動画をWindowsパソコンで再生する方法
iPhoneなどで撮影された動画は “HEVC” と呼ばれるフォーマットによって保存されていることがありますが、このHEVC動画は標準ではWindows 10で再生することができないため、Microsoftからメディア拡張パッケージ(HEV...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。