当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで画像の容量を小さくする方法

iPhone iPhone

ディスプレイの[解像度]やカメラの[画素数]が大きくなっている昨今では、取り扱う画像のサイズが大きくなっていますが、そのままでは取り扱いにくい場合には、画像のサイズを小さくすることができます。

画像のサイズが大きい

ディスプレイに表示されている内容をスクリーンショットした場合、画面の解像度によって保存される画像の容量は異なり、解像度が大きければ大きいほど容量は大きくなります。また、カメラで撮影した写真(画像)もカメラの画素数によって写真の容量は異なり、画素数が大きければ大きいほど容量は大きくなります。

昨今では、ディスプレイやカメラの機能が向上したことによって、取り扱う画像(写真)のサイズも大きくなりがちですが、サイズが大きいファイルは取り扱いに何かと不便が生じることがあるので、場合によってはサイズを小さくすると良いかもしれません。

画像(写真)のサイズを変更するのは専用のアプリを使うのが一般的かもしれませんが、iPhoneのショートカットアプリでも可能です。

ショートカットを作成するやり方

  1. ショートカットアプリの[マイショートカット]などから【+】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット

  2. 新規ショートカットより【+アクションを追加】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→新規ショートカット

  3. アクションを追加より【メディア】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→新規ショートカット→アクションを追加

  4. メディアの[写真]より【写真を選択】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→新規ショートカット→アクションを追加→メディア

  5. 写真を選択より【複数を選択】のオン/オフを切り替えます。
    iPhoneアプリ→ショートカット→アクション→写真を選択

  6. 画面下より[メディア]の【-】を上にスワイプします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→アクション→写真を選択

  7. メディアの[イメージ編集]より【イメージのサイズを変更】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→新規ショートカット→アクションを追加→メディア

  8. [640]をタップし【(任意の数値)】または【毎回尋ねる】を選択します。
    幅サイズを指定します。この場合、高さサイズはアスペクト比に従って自動で決定します。

    iPhoneアプリ→ショートカット→アクション→写真を選択→イメージのサイズを変更

  9. 画面下より[メディア]の【-】を上にスワイプします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→アクション→写真を選択→イメージのサイズを変更

  10. メディアの[写真]より【写真アルバムに保存】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→新規ショートカット→アクションを追加→メディア

  11. 内容に問題が無ければ【完了】をタップします。
    必要に応じて【 V 】より名前を変更できます。

    iPhoneアプリ→ショートカット→アクション→写真を選択→イメージのサイズを変更→写真アルバムに保存

ショートカットを作成するやり方は以上です。

作成したショートカットは[マイショートカット]などからタップすれば実行できます。

iPhoneでショートカットアプリを使う方法
iPhoneには様々な[機能]や[操作]を自動化できるアプリがあります。少し難しいかもしれませんが、インターネット上には様々なレシピ(作り方)が存在するので、参考にして作成すると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。