当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのメッセージを同期して他デバイスで閲覧する方法

iPhone iPhone

iPhoneの[メッセージ]アプリで行ったやり取りは、iCloudを経由して他デバイスに同期することができるので、iPadなど別のデバイスでも同じメッセージを読むことができます。

メッセージのバックアップ

iPhoneの標準アプリであるメッセージアプリは、エクスポート/インポートなどの機能を有していないため、バックアップするにはiCloudに保存する必要があります。

iCloudに保存されたデータは、同じApple IDを設定した他デバイスでも利用することができるので、これを使うとメッセージのやり取りをiPhone以外のデバイス(iPadなど)でも閲覧することができるようになります。

「バックアップの必要は無い」と思っていても、iPhoneとiPadなど2台以上のデバイスがあれば、設定しておくと便利かもしれません。

メッセージをiCloudへ保存するか設定するやり方

  1. 設定より【(自分の名前)】>【iCloud】を開きます。
    iPhone→設定

  2. iCloudの[ICLOUDを使用しているアプリ]より【メッセージ】をタップします。
    表示されてない場合は【すべてを表示】をタップします。

    iPhone→設定→Apple ID→iCloud

  3. メッセージより【このiPhoneを同期】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→Apple ID→iCloud→メッセージ

メッセージをiCloudへ保存するか設定するやり方は以上です。

メッセージアプリでやり取りできるのは[iMessage]を始め[SMS]や[MMS]などが対象です。

iPhoneでSMSを送受信するアプリ
電話番号のみでメッセージのやり取りを行う ”SMS” は、iPhoneでも送信・受信をすることが可能です。特にiPhoneではプリインストールされた “メッセージ” アプリが使われるので簡単です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。