当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでビデオ撮影の「解像度」「フレームレート」を設定する方法

iPhone iPhone

iPhoneのカメラでは[ビデオ(動画)]の撮影が可能です。撮影が可能な「解像度」「フレームレート」は機種によって異なるものの、いくつかの項目から選択することが可能です。

解像度の選びかた

iPhoneは機種によって違いはあるものの、いくつかの解像度から選んでビデオ(動画)の撮影をすることができます。

解像度は大きければ大きいほど「奇麗」と思われがちですが、ハイビジョン(フルHD)のディスプレイ(TVなど)で4Kの動画を見ても仕方が無いように、再生する機器の性能に合わせた解像度で撮影をするのが最適です。

もちろん、後からリサイズすれば良いですが、iPhoneの内部ストレージは有限なので可能な限り最適な解像度を選ぶようにした方が、ファイルサイズも小さくなって取り扱いやすくなります。

iPhoneで撮影する写真/動画を他のデバイスで扱えるフォーマットで保存する方法
iPhoneで撮影された写真(画像)や動画(ビデオ)はWindowsなどのパソコンでは再生できない場合がありますが、これは設定よりカメラの[フォーマット]を変更することで表示/再生できるようにすることができます。

フレームレートの選びかた

「1秒間に撮影する回数」をフレームレートと呼びます。

iPhoneのデフォルトでは[30fps]が選択されていることが多いですが、動きの多い場面を撮影するには[60fps]など高いフレームレートを選択すると良いでしょう。

ただし、フレームレートが高いと「スムーズな動画」となる反面で「暗い動画」「容量が大きい動画」となるデメリットがあり、フレームレートが低いと「明るい動画」「容量が小さい動画」となる反面で「動画にスムーズさが失われる」と言ったデメリットがあるので注意してください。

例えば、「子供の運動会を撮影したい」と言った場合、「日中の屋外」であることから「明るさ」は確保でき、かつ「動きのある場面」となるためフレームレートを高くして撮影したほうが良いでしょう。

解像度とフレームレートを選択するやり方

カメラアプリから選択する

  1. カメラアプリの[ビデオ]より上部に表示されている【HD(解像度)】【30(フレームレート)】をタップします。
    タップする毎に切り替わります。選択されている[解像度][フレームレート]によって表示される内容は異なります。

    iPhoneアプリ→カメラ→ビデオ

設定から選択する

デフォルトを指定したい場合には設定より操作します。
  1. 設定の[カメラ]より【ビデオ撮影】を選択します。
    【スローモーション撮影】も同様に変更できます。

    iPhone→設定→カメラ

  2. ビデオ撮影より【(任意の項目)】を選択します。
    撮影した動画を日本国内(YouTube含む)でしか使わない場合は【PALフォーマットを表示】をオフにします。PALフォーマットとは主に海外で使われているフォーマットです。

    iPhone→設定→カメラ→ビデオ撮影

解像度とフレームレートを選択するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。