当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのカメラアプリでアスペクト比を変更する方法

iPhone iPhone

iPhoneのカメラアプリでは写真(画像)の撮影に一般的な写真サイズである[4:3]のアスペクト比(縦横比)で行われますが、[16:9]や[1:1(スクエア)]などの比率でも撮影することができるようになっています。

おすすめのアスペクト比は?

「プリントするなら4:3」「スマートフォンで見るなら16:9」などのように、、どのアスペクト比を選ぶかは用途に合わせれば良いですが、あとからパソコン等で編集できるのであれば【4:3】を選んでおくのがおすすめです。

選べるアスペクト比のうち[16:9][スクエア(1:1)]は[4:3]からクロップ(切り出し)しているので、[16:9]で撮影して[4:3]などにクロップすると画質が下がってしまうことになります。

ちなみに、非対応の機種でもビデオによる撮影ではフルHDや4Kなど[16:9]のワイド撮影が可能であるため、動画を撮影しながら写真を撮れば[16:9]で撮影が可能です。

iPhoneで動画の撮影中に写真を撮る方法
iPhoneのカメラでは、写真(静止画像)はもちろん動画を撮影することができます。この2つの機能は排他的に見えて実は同時に使用することができます。

アスペクト比を設定するやり方

  1. カメラアプリより【Λ】をタップします。

    iPhoneアプリ→カメラ

  2. メニューより【(アスペクト比アイコン)】をタップします。
    左から3番目のアイコンで[スクエア(1:1)][4:3][16:9]などと表記されています。

    iPhoneアプリ→カメラ→メニュー

  3. アスペクト比より【スクエア(1:1)】【4:3】【16:9】を選択します。
    印刷(プリント)が前提であれば一般的な写真サイズである【4:3】、他のスマートフォンやパソコンで閲覧するにはワイドな【16:9】がオススメです。

    iPhoneアプリ→カメラ→メニュー→アスペクト比

アスペクト比を設定するやり方は以上です。

変更した内容を保存するには設定が必要なので注意してください。

iPhoneでカメラアプリの設定を保持する方法
iPhoneのカメラアプリは変更した設定がリセットされることがありますが、これは本体の設定より変更した内容がリセットされないようにすることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。