当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで複数のカメラを同時に撮影するアプリ

スマートフォン アプリ

iPhoneに搭載されているiOSには “AVMultiCamPiP” と呼ばれる機能が搭載されており、複数のカメラ(フロント+リアなど)を同時に動作させ1つの動画/写真(静止画)として撮影することができます。この機能を有するカメラアプリは有料アプリが多いですが、今回は無料アプリを紹介します。

AVMultiCamPiPとは?

iOS 13から搭載された “API” で、対応アプリを用いると「本体に搭載された複数の “カメラ” を同時に使用する」ことができるようになります。例えば「フロントとリア」はもちろん「望遠+超広角+広角」などを組み合わせて1つの動画や写真(静止画)に撮影することが可能です。

この機能は “iOS 13” や “A12” 以降を搭載したデバイスが必要であり、比較的に新しい機種(iPhone XS/XRやiPhone 11に第二世代iPhone SEなど)で利用することができます。

機能を有するカメラアプリはApp Storeで数多く提供されていますが、今回は無料で利用できる “MultiRecs” を使ってみました。

APIとはアプリを作成する際に、あらかじめ用意されている部品のようなものです。

MultiRecsの使いかた

初期設定のやり方

  1. 初回起動のみチュートリアルが表示されるので左右にスワイプして内容を確認します。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

  2. いくつかのアクセスを要求されるので、問題が無ければ “許可” します。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

カメラの組み合わせを設定するやり方

  1. アプリより『(右下のアイコン)』をタップします。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

  2. カメラの組み合わせより『(任意の組み合わせ)』を選択します。
    『セパレート』『合成』などから好みに合わせて選択します。また、『歯車アイコン』をタップすることで、その他の設定も可能です。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

動画と写真を切り替えるやり方

  1. アプリより『△』をタップします。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

  2. メニューより『VIDEO(動画)』『PHOTO(写真/静止画)』を選択します。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

撮影するやり方

  1. アプリより『●』をタップします。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

  2. 動画の場合、もう一度タップすることで停止します。
    右の『●』をタップすることで動画の撮影中に写真(静止画)を撮影することもできます。

    iPhoneアプリ→MultiRecs

MultiRecsの使いかたは以上です。

編集することなく同時に撮影することができるので、ちょっとしたプライベートの撮影に便利かもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。