当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

動作の重いAndroidスマホを設定で軽くする方法のまとめ

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンの中には “格安スマホ” と呼ばれる安価な機種が販売されていますが、安価であるがゆえに性能が乏しく動作が「もっさり」することも多いです。このような機種は一手間かけて設定することで、改善させることができるかもしれません。

Androidスマホのカスタマイズ性

Androidスマートフォンの醍醐味と言えばカスタマイズ性であり、ホームなどを色々とカスタマイズして使っている人も多いでしょう。

ただ、Androidスマートフォンのカスタマイズは見た目だけでなく内部的な処理においてもカスタマイズ可能な部分があり、これを設定することで処理の軽量化が図れる場合があります。

スマートフォンの操作性をアップさせるには性能(スペック)の良い機種へ機種変更するのが手っ取り早いですが、そう簡単にはいかなければ細かく設定してみると良いかもしれません。

スマホを軽量化する設定とは?

元々の性能によっては「特に変わらない」と感じる場合もあるので注意してください。

ホームアプリを変更する

NTTドコモやauなどのキャリアが販売するAndroidスマートフォンには、キャリアが用意したホームアプリがプリインストールされていることがありますが、このようなアプリは比較的に重いことが多いので、軽いホームアプリに変更するだけでも軽量化を期待できます。

Androidスマホを軽量化するホームアプリ
低スペックや古いAndroidスマートフォンは、どうしても「動作が重い(もっさりする)」「バッテリーの消費が激しい」と言ったことになりがちです。そこで、必要最小限な機能だけを持つホームアプリを使ってホーム画面の軽量化を図ると良いかもしれませ...

アニメーションを非表示にする

Androidスマートフォンなどでは、ユーザーの操作時にアニメーションが表示されていますが、アニメーションの表示にも処理(リソース)が使われているので、オフにすることで軽量化を期待できます。

Androidスマホで操作時のアニメーションを設定する方法
Androidスマートフォンでは、操作時の動きが視覚的にわかりやすいよアニメーションが表示されていますが、これは設定より[無効]にすることもできます。

アニメスケールを設定する

前述した操作によるアニメーションは、決められた時間で動作するようになっていますが、これを変更するだけで印象を変えることができます。

Androidスマートフォンのアニメスケールを設定する方法
Androidスマートフォンでは【ウィンドウアニメスケール】【トランジションアニメスケール】【Animator再生時間スケール】と呼ばれる3つのスケールの設定を変更することができますが、これらを変更することでスマートフォンの体感速度を向上さ...

GPUレンダリング・HWオーバーレイを設定する

バージョンによって “GPUレンダリング” は無い(表示されていない)場合があります。

スクロールなどに引っ掛かりを感じるのであれば “GPUレンダリング” や “HWオーバーレイ” の設定を変更することで改善を期待できます。

Androidスマホのカクカク動作を解消する設定方法
スマートフォンは年々性能がアップしていますが、それに比例するかのようにコンテンツも複雑に大容量になっているため、最新機種を購入しても「カクカクする」「もっさりする」と言った不満を感じることがあります。これは設定によってある程度解消することが...

全ての設定を行う必要は無いかもしれません。また、設定の内容によってはバッテリーの消費に影響が出る場合があるので、少しずつ試行錯誤をオススメします。

Android
anykey

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。