当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

AndroidスマホでUSB設定を変更する方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンでは、USB機器を接続すると「充電のみ」や「ファイルの転送(MTP)」などの選択ダイアログが表示されますが、ダイアログが表示されない場合でも、設定から変更することができます。また、よく使う設定(デフォルト)を選択しておくこともできます。

USB設定とは?

Androidスマートフォンでは、一般的に充電に用いられることの多い[microUSB]や[USB Type-C]にUSB機器を接続してマウスUSBメモリなどの周辺機器を使ったり、パソコンと接続してファイルの送受信を行うことができるようになっています。

このようにAndroidスマートフォンのUSBは様々な用途で使うことがでるため、USBの接続時に「USBをどのように使うか」とUSB設定のダイアログが表示され、使用するデバイスに合わせて選択します。

ただ、何らかの理由によって選択ダイアログが表示されず想定した動作をしない場合には、設定より変更することができます。また、あらかじめデフォルトのUSB設定を行うこともできます。

USBの設定を変更するやり方

スマートフォン本体と対象のデバイスをUSBケーブルで接続しないと操作できません。

Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル(0.9m ブラック)【USB Power Delivery対応/USB-IF認証取得/超高耐久】 Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9+ / iPad Pro/iPad Air 5 / MacBook/MacBook Air/MateBook対応
Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル MacBook/MacBook Air対応
 

通知から操作する

  1. 通知領域より【Androidシステム】の通知をタップします。
    文言は異なる場合がありますが「このデバイスをUSBで充電中」「USBで接続されたデバイスを充電しています」などと表示されています。

    Pixel→通知→Androidシステム→USBで接続されたデバイスを充電しています

  2. USBの設定より【(USBの制御元)このデバイス】【(USBの接続用途)】を選択します。
    USBの接続用途は【ファイル転送/Android Auto】【USBテザリング】【MIDI】【PTP】【ウェブカメラ】【充電のみ】から選択できます。

    Pixel→USBの設定

設定を操作する

  1. 設定より【接続設定】を選択します。
    Pixel→Android 13→設定

  2. 接続設定より【USB】を選択します。
    Android 13→設定→接続設定

  3. USBの設定より【(USBの制御元)このデバイス】【(USBの接続用途)】を選択します。
    USBの接続用途は【ファイル転送/Android Auto】【USBテザリング】【MIDI】【PTP】【ウェブカメラ】【充電のみ】から選択できます。

    Pixel→USBの設定

USBの設定を変更するやり方は以上です。

接続するたびに選択するのが面倒であれば、デフォルトの設定を指定してくことができます。

デフォルトのUSBを設定するやり方

  1. 設定より【システム】>【開発者向けオプション】を開きます。
    Pixel→Android 13→設定

  2. 開発者向けオプションより【デフォルトのUSB設定】をタップします。
    項目が多いので検索をオススメします。

    Pixel→設定→システム→開発者向けオプション

  3. デフォルトのUSB設定より【(任意のUSB設定)】を選択します。
    ファイル転送/Android Auto】【USBテザリング】【MIDI】【PTP】【ウェブカメラ】【充電のみ】から選択できます。

    Pixel→設定→システム→開発者向けオプション→デフォルトのUSB設定

デフォルトのUSBを設定するやり方は以上です。

開発者向けオプションの名の通り一般的には使用しない設定メニューであるため、通常は選択ダイアログから選択するのが良いでしょうが、何らかの理由により必要であれば設定しておくと便利かもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。