AndroidスマホでWi-Fiへの自動接続を設定する方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンなどでは、過去に接続したことのあるWi-Fiは接続情報(アクセスポイント)が保存され自動接続されるようになっていますが、意図しない場所で接続されてしまうとトラブルが発生することがあるので「自動接続する(オン)」「自動接続しない(オフ)」を切り替えられるようになっています。

iPhoneでも同様のことができます。

Wi-Fiへ自動接続

Androidスマートフォンでは、Wi-Fiに接続すると接続情報(アクセスポイント)が保存され、その後は自動接続されるようになります。

自宅や会社など信頼できるWi-Fiであれば良いですが、カフェなどのフリーWi-Fiスポットの場合には様々な場所で電波が発信されているため、自分の意図しない場所で接続されてしまうことがあります。

安全で安定した通信ができれば問題ありませんが「接続はできるが通信できない(メール・メッセージが届かない)」と言った不都合が生じてしまうことがあるので、必要に応じて手動で接続するように設定すると良いでしょう。

Wi-Fiの自動接続を設定する手順

  1. 設定より『ネットワークとインターネット』をタップします。

    Android 10→設定

  2. ネットワークとインターネットより『インターネット(またはWi-Fi)』をタップします。

    Android 10→設定→ネットワークとインターネット

  3. インターネット(またはWi-Fi)より『保存済みネットワーク』をタップします。

    Android 10→設定→ネットワークとインターネット→Wi-Fi

  4. 保存済みネットワークより『(対象のWi-Fiアクセスポイント)』をタップします。

    Android 11→設定→ネットワークとインターネット→Wi-Fi→保存済みネットワーク

  5. 対象のWi-Fiアクセスポイントより『自動接続』のオン/オフを切り替えます。

    Android 11→設定→ネットワークとインターネット→Wi-Fi→保存済みネットワーク→Wi-Fiネットワーク

Wi-Fiの自動接続を設定するやり方は以上です。

誤って接続しないよう不要なWi-Fiアクセスポイントの接続情報は削除することをオススメします。

また、パスワードなどが設定されていないようなWi-Fiに自動的に接続されてしまう場合には、パブリックネットワーク(オープンネットワーク)への自動接続をオフにすると良いでしょう。

AndroidスマホのWi-Fiを自動でオンにして接続する方法
Androidスマートフォンでは過去に「エリア連動Wi-Fi」と呼ばれる機能がありましたが、Wi-Fiの省電力化によって無くなってしまいました。しかし、Android 9 Pie以降には同様の機能が搭載されており[既知のネットワーク(過去に