当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで街中の無料Wi-Fiなどへ自動接続するか設定する方法

Androidスマートフォン Android

カフェなどが利用者向けに無料で使える[Wi-Fiスポット(パブリックネットワーク/オープンネットワーク)]を提供している場合、Androidスマートフォンでは自動接続するよう設定することができますが、トラブルも少なくないので必要が無ければ自動接続しないよう設定しておくと安心です。

パブリックネットワークの危険性

カフェなどで接続できる不特定多数の利用者がいるような[Wi-Fiスポット]をパブリックネットワークオープンネットワークなどと呼ぶことがあります。

Androidスマートフォンでは、パブリックネットワーク(オープンネットワーク)のWi-Fiに自動接続することができるよう設定することができますが、意図せず接続されてしまうと「通信できない(メール・メッセージが届かない)」などのトラブルや、悪意を持って同じアクセスポイント名(SSIDなど)でWi-Fiの電波を発信されてしまうと、場合によっては情報漏洩などセキュリティー問題に発展することもあります。

このため、特別な理由が無い限りは自動接続をオフにしておく方が安心かもしれません。

パブリックネットワークへの自動接続を設定するやり方

  1. 設定より『ネットワークとインターネット』をタップします。
    Android 10→設定

  2. ネットワークとインターネットより『Wi-Fi(インターネット)』をタップします。
    Android 10→設定→ネットワークとインターネット

  3. Wi-Fiより『Wi-Fi設定(ネットワーク設定)』をタップします。
    Android 10→設定→ネットワークとインターネット→Wi-Fi

  4. Wi-Fi設定より『パブリックネットワーク(オープンネットワーク)に接続する』のオン/オフを切り替えます。
    Android 11→設定→ネットワークとインターネット→Wi-Fi→Wi-Fi設定

パブリックネットワークの自動接続をオフにするやり方は以上です。

また、一度でも接続をすると接続情報が保存され以後に自動接続されてしまうので、不要なWi-Fiアクセスポイントは「自動接続をオフにする」か「接続情報を削除する」などをオススメします。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。